ブランドコピー >> ロレックス2023年の新作を予想する。
連絡先: [email protected] 担当者: 小澤 正幸

時間:2022年12月29日

 

 

間もなくロレックス2023年新作を発表する。トップブランドたるロレックスは2023年に何を目論んでいるのだろうか。時計愛好家にとっては今回もハイレベルながら驚きのない結果になってしまうのだろうか。それとも、センセーションを巻き起こす新モデルの発表となるのだろうか。ロレックスが2023年に絶対に発売すべきものは何か、もう生産中止にすべき時計はどれか。筆者がイメージしている新作予想をご紹介しよう。

ロレックス サブマリーナ:特別な記念の年
まずはロレックス サブマリーナから始めよう。このアイコニックなダイバーズウォッチは2023年に70周年を迎えるからだ。新しいリファレンスがリリースされてからまだ3年も経っていないが、ロレックスにはこの伝説的な時計に対してきちんと敬意を表して欲しいと思う。2023年の同社に関する噂では新モデルのうちのひとつはサブマリーナだと言われているが、どのようなものになるのだろうか。現行の通称「スターバックス」という、記念モデルに典型的な特徴であるグリーンの要素を既に取り入れたサブマリーナが存在する。では新しい「ハルク」はというのも考えにくい。さすがにロレックスもこのような記念の年にそれではふさわしくないだろう。思うに、そろそろ「ノーデイト」バージョンに敬意を表して、アニバーサリーモデルを発表するべき時期ではないだろうか。同機は1953年に初めて日の目を見た初代ロレックス サブマリーナであり、時計ファンの間では今でも伝説のダイバーズウォッチの唯一の正統派バージョンとされている。いまだに「ノーデイト」の特別モデルが発表されていないのは驚くべきことで、2023年がまさにその年となるのかもしれない。フルゴールドバージョンというのはどうだろう。実のところ、ロレックスがどのような素材を選んでもあまり構わないと思っている。サブマリーナにはイエローゴールドもホワイトゴールドも素晴らしく似合うのだから。ただ個人的にはエバーローズゴールドの「ノーデイト」サブマリーナをぜひ見てみたい。理想的な組み合わせである上に、何十年も前から作られている日付機能付きの貴金属モデルとは一線を画すことになるだろう。ゴールド製サブマリーナ ノーデイト。それは非常に特別な、前例のないスペシャルなモデルであり、2023年の素晴らしいロレックス新作となるだろう。オリーブグリーンの文字盤が良いと思うが、黒文字盤であっても夢の時計となるだろう。皆様も同じご意見ではないだろうか。

ロレックス コピー

フルゴールドのサブマリーナ「ノーデイト」は、多くの時計ファンにとっては夢であり、2023年のロレックス新作として素晴らしいものとなるだろう。

 

ロレックス ミルガウス:リデザインの時
ミルガウスが生産中止になるという根強い噂はもう3年も前から囁かれている。にもかかわらず、この時計はいまだにロレックスのポートフォリオに居座り続けている。2023年こそロレックス ミルガウスが生産中止になるのではないかと、今からまことしやかに囁かれている。実際のところもうそうすべき時なのだ。現行のミルガウスは非常に古臭いだけでなく、バランスも悪い。同じく風変わりな印象のエアキングが新しいデザインで成功した今、いよいよ埃まみれのミルガウスを一度刷新し、新モデルとしてリリースする時が来ている。特に、1956年の初代デザインを意識したものになれば最高だろう。筆者の予想としては、2種類の文字盤カラーがあり、黒文字盤にも白文字盤にも赤い三角形のついたブラックセラミックが装備されているだろう。文字盤上のエレメントと象徴的な稲妻の秒針にはアイキャッチャーとして引き続き赤を使用。ケースは直径40〜41mmで、厚みがありすぎないのが理想的だ。だが、新ミルガウスにとって何より重要なのは技術的な要素である。オメガがコーアクシャルムーブメントで軽々と1万5000ガウスの耐磁性を実現する時代なのだから、ロレックスも引けを取るわけにはいかない。最低でも永遠のライバル・オメガと同様の技術を提供する必要があり、1万5000ガウスの耐磁性、150m防水、70時間のパワーリザーブはミルガウスの2023年の新モデルとして最低限必要な技術仕様である。これまで長年に渡って醜いアヒルの子とされてきただけに、ロレックスの2023年新作として極めて強力なカムバックとなるだろうが、皆様のご意見はいかがだろう。ここまではやりすぎだと思われるだろうか。それなら少なくともドーム型ベゼルと文字盤の要素に赤を使い、より手堅いリデザインにするのが良いだろう。それもロレックスの2023年の新作として見事なモデルとなるだろう。

ロレックス 偽物

ロレックス ミルガウスはとうにリデザインされていてしかるべきモデルだ。1956年の初代デザインを意識したものであればなお良いだろう。

 

ロレックス デイトナ:移り変わる時の中で
個人的には現行のロレックス デイトナのデザインも、小ぶりなサイズ感も非常に気に入っている。デザインもプロポーションも完璧だと思うし、あらゆる人の手首にフィットする。しかし、多くの時計愛好家の見方はまったく違うようで、デイトナの欠点を言い募る時には、ほぼ全員一致で「とにかく小さすぎる!」と言うのだ。筆者の意見はともかく、古いケースデザインを若干変更し、伝説的なクロノグラフを時代に合ったサイズにすべき時なのかもしれない。デイトナ2023年の新モデルはどのようなものが考えられるだろうか。現行のデイトナはセラミックベゼルを装備し、全体的なデザインを時代に合わせて考え尽くしているため、デザイン面に手を加える必要はなく、新しいケースサイズに力を集中することができる。直径を41mmにすれば、ファンもこれ以上望むべくもないほど満足だろう。ロレックスは現行のサブマリーナ、デイトジャスト41、オイスターパーペチュアルでサイズに関してうまくやれることを鮮やかに証明してみせた。つまり、これらの時計はいずれも41mmと称してはいるが、よく見ると若干小さく、少なくとも通常の方法で測るとやや小さ目なのだ。業界の第一人者として、どのように時計を計測し、どのように41mmという希望のサイズを実現させるかということに、独自のルールを作ることがどうも許されているようだ。ロレックスを悪く思わないで欲しい。彼らのすることに間違いはない。ロレックス スーパーコピーの2023年新作を試着してみれば、世界中の時計ファンは間違いなく大納得することだろう。そして、ロレックス デイトナの新モデルがあちこちで話題になる一方で、先代となる現行リファレンスの価格は恐らく劇的に高騰するだろう。なにしろ、40mm径デイトナの最後のモデルになるのだから。ロレックスの世界で1mmの違いが与える影響には驚くしかない。さて、2023年のロレックスの新モデルが41mm径のデイトナというのはあり得るだろうか。皆様のご意見はどうだろう。

ロレックス レプリカ

ロレックス デイトナのデザインは既に十分現代的なのだから、今こそ時代のニーズにより合うケースサイズを実現すべき時だ。

 

まったく新しい時計もあり得るだろうか
アイコニックな定番が改良されて新バージョンとして登場することは、時計ファンにとって楽しみのひとつだが、まったく新しいモデルの登場というのも変化があって良いのではないだろうか。なにしろスカイドゥエラーさえも10年前のモデルであり、そろそろロレックスの完全新作が欲しいところだ。そういう噂は今のところないが、個人的には2023年にロレックスがまったく新しい時計を出すのではないかと思っている。もちろん、デザインはいずれかの有名なモデルをベースにすることは間違いないが、2023年の新作として何か非常に特別なアイデアを出すだろう。まったく新しいモデルとなると、ロレックスはあらゆる手段を講じ、費用や労力を惜しまないことで知られている。スカイドゥエラーとヨットマスター IIは、ロレックスの全製品の中でも特に革新的なモデルであり、見事に実装されたエキサイティングな複雑機構を提供している。空へ旅してみた後は再び海をテーマにした新作が発表されるのではないかと思うが、皆様のご意見はいかがだろう。2023年はまったく新しいロレックスが登場する年になるかもしれない。

 

 

前のページ: オメガの新作時計はケースバックにこだわりあり! ジェームズ・ボンド60周年を記念したシーマスター ダイバー300M


N級品 | 個人情報の取り扱いについて | 商品一覧 |ブランドコピー市場 担当者:小澤 正幸 E-mail:[email protected]

激安ブランドコピーRasupaKopi.com Copyright © 2010-2024| GOOGLE | スーパーコピー |楽天市場| NEW 更新期日(7月20日) | ROLEXスーパーコピー | sitemap