ブランドコピー >> ブルガリ時計コピー2022年新作 オクト ローマ ブルー カリヨン トゥールビヨン
連絡先: [email protected] 担当者: 小澤 弥子

時間:2022年1月26日

 

オクトファミリーのケースを採用しているもののオクト フィニッシモが選択的なデザイン、そしてある程度のミニマリズムを実践しているのとは異なり、よりアグレッシブなスタイルとなっている。トゥールビヨン ミニオクトファミリーのケースを採用しているもののオクト フィニッシモが選択的なデザイン、そしてある程度のミニマリズムを実践しているのとは異なり、よりアグレッシブなスタイルとなっている。トゥールビヨン ミニッツリピーターであるCal.BVL428(35mm×8.53mm)は、ふたつのゴングでチャイムを鳴らす従来のリピーターとは異なり、みっつのハンマーとゴングでチャイムを鳴らす仕組みになっている。ッツリピーターであるCal.BVL428(35mm×8.53mm)は、ふたつのゴングでチャイムを鳴らす従来のリピーターとは異なり、みっつのハンマーとゴングでチャイムを鳴らす仕組みになっている。

ブルガリ時計コピー001

チャイムの音列は、時間を「ド」、 15 分を「ミ・レ・ド」の音、分を「ミ」の音で、9時位置のプッシャーで作動する。ケースと文字盤は、時計内部から外気への音の通り道ができるだけ最短になるように設計されており、ケースの側面には目立つ開口部が設けられている。文字盤は、実際はムーブメントのトッププレートであり、Cal.BVL428が最初に発表されたときの以下の画像で、その構造をはっきりと確認することが可能だ。

ブルガリ時計コピー002

通常、ミニッツリピーターは、針の位置から時刻を“読み取り”、正しい時、15分、分をハンマーとゴングに伝えるラック(歯竿)とスネイル(特殊形状のカム)が文字盤の下にある構造だ。ハンマーとゴング、そしてレギュレーターは、ムーブメントの裏側または天板側にある。このため、腕につけたままではリピーターを作動させたときにハンマーがゴングを打つのを見ることができない。最近のリピーターの構造では、ハンマーとゴングを文字盤側に移動させる傾向があり、耳と目で同時に楽しめるようになっている。また、音量の向上も期待できるのではないだろうか。ゴングはムーブメントプレートにネジ止めされた脚部ではなく、音の伝搬をよくするためにケース中板に直接取り付けられている。

ブルガリ時計コピー003

ブルガリ時計スーパーコピー、ブルガリN級品通販、スーパーコピー時計専門店「rasupakopi.com」,口コミ最高級のブルガリ時計スーパーコピー激安。

オクト ローマ ブルー カリヨン トゥールビヨンのケースはプラチナ製で、ケース中央にはブルーに着色されたチタンを採用。時計全体のサイズは直径44mm × 厚さ12.83mm(厚みがあるように見えるが、これはミドルケース、バック、トップの視覚的コントラストと、ミドルケース自体の溝の入ったデザインが、より大きな胴回りの印象を与えるためだと思われる)で、世界30本の限定生産で、発売時の価格は3817万円(税込予価)。

我々が思うこと
この時計は、非常に伝統的で高級な仕上げと、意図的に角張ったアグレッシブで建築的なケースデザインが組み合わされている。そのため並外れた時計であると同時に、挑戦的な時計でもあるのだ。技術面において多くの現代的な解決策を採用している。1885年製のリピーター懐中時計で穴あきチタンケースのようなものは、まず見当たらないわけだ。

ブルガリ時計コピー004

プレートやブリッジはモダンなデザインで仕上げられているが、リピーター機構をはじめとするスティール部品は非常に伝統的な仕上げが施されている。リピーターのハンマーは、ダイヤモンドペーストを塗布した亜鉛板でブラックポリッシュされ、光の当たり方によって白、黒、グレーに見える完璧な平面を作り出している。
つまり、非常に伝統的な複雑機構を、仕上げに関しては非常に古典的な手法を用いて、しかし現代的なレイアウトで意図的にアバンギャルドな(と呼んでもよいと思うが)ケースデザインで実現させたということである。こうしたものがうまくいったか感じるかどうかは、まぁ、自分が思うかどうかにかかっているだろう。伝統的な包丁さばき、ソース、そしてエスコフィエまではいかないまでも、ヌーベル・キュイジーヌからフェルナン・ポワンに至る明確な系譜を持つレシピなど、フランスの古典的な高級料理の技術に基づいた料理を提供するレストランを少し連想させる。高級レストランかくあるべしという、ファイン・ダイニングのステレオタイプに対して意図的にデザインされたような雰囲気を持っているのが、この時計なのだ。
私はめったに豪華なフレンチレストランに行かないので、白いテーブルクロス、バッグ用のフットスツールなどを使う習慣を身につけたいと思う(それにテーブルサイドでなにかが燃やされていれば、さらに素晴らしいだろう)。しかし、一方でそのようなことが見え透いていてで少し圧迫感さえあることも理解できる。

 この時計は、ローズゴールドのラウンドケースにグラン・フー エナメルの文字盤、そしてリピーターのプッシャー以外にその複雑さ語るものはなにもないのだという姿でも登場できたかもしれない。だが、そうはしなかった本機は、リピーターという概念で可能なことを拡張しているように見える。最近のチャイミングコンプリケーションには、奇抜なデザインは求められていない。しかし、このモデルは、シリアスなコンプリケーションをいかにシリアスにしないか、ブルガリならではのアプローチで表現されているのだ。

当店のブルガリコピーは、工場 直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。

 

前のページ:「シャネルコピー市場」が“赤”をテーマにした時計コレクションを発表